Love your life. - Thoreau

アクセスカウンタ

zoom RSS 行為計画

<<   作成日時 : 2009/10/26 01:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この前、常務と個人面談があった。
社員一人ずつ部屋に呼ばれ、20分程一対一での面談。


普段まともに話す事がなかったので、少し緊張した。
面談は終始笑いが絶えず(と言えば少し言葉に語弊があるかもだが)、話し易い雰囲気の就職面接の様だった。多分、人事評価をされているんだろう。でも、素直に話したつもり。

意外な事に褒められた。

・まじめ ― (よく言われる)
・頭がいい ― (一体私のどこをみたらそう思うんやろうか。。。)
・頭の回転が早い ― (生まれて初めて言われた(笑))

これは、直属の上司、上長、社長から常務に話したことらしいが、こういうことを複数人から褒められたことがなかったので、思わず吹き出してしまった(笑)

でも入社のきっかけになった、上長から少しは認められているっていうことが分かって、なんと表現したらいいのかわからないけど、嬉しかった。いつも、こんなんで入社時の期待に応えられているんやろうかって、不安を持ちながら仕事してた。もしかしたら、がっかりされてるんじゃないかとか思ったり。仕事自体は前向きにやってるんやけどね。


常務からアドバイスを頂いた。
◉今の所属している課の仕事をしっかり学んで、やること
プラス
◉それとは別の脳で、別のビジョンを持つ事


「別のビジョンを持つ」とは、将来やってみたい仕事をするための視野を養うことだと思う。
私の場合、総務人事、保育事業、介護事業、または保育と介護の複合施設等。

具体的な方法はまだわからないけど、とにかく何か思いついたらやってみよう精神でいこうと思う。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


さて、褒められていい気になってしまいそうな私。
でも、これは私にとって、黄色信号。
だって、褒められた後は、いつも失敗したりヘマしたり、何かやらかしてしまうから
もうこれは、小学生のときからのトラウマなのか?!バレーボールで、サーブ一本きれいに決まって、コーチに褒められいい気になり、その後、すぐミスして、コーチがため息つく。。。みたいな。

なるべく気を締めていくぞ!

スラダンの山王戦、安西せんせの「そして忘れよう」みたいな。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今回みたいなことがあると、必ずと言っていい程、大学の恩師の言葉を思い出す。
「自分の評価は自分でしなさい。ただ、がんばっている姿は誰かが必ず見てくれていますよ。」


今期は、がんばるだけじゃだめなんだけど、それでも誰かに認められるのは、心のどこかで抱えている不安を和らげ、活力を与えてくれると、私は思う。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
行為計画 Love your life. - Thoreau/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる