Love your life. - Thoreau

アクセスカウンタ

zoom RSS Tシャツとプレゼン

<<   作成日時 : 2008/05/08 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Bloomsdayの傷跡深し(ノД`)
フィニッシュラインを踏んだ直後から足全体に筋肉痛、
そして前傾姿勢+へっぴり腰気味でゆっくりゆっくりおじいちゃん歩き( ´_ゝ`)
翌日もさらに痛みが激しくなり階段の上り下りはもちろん、普通に平地を歩く時もおじい歩き( ´_ゝ`)

はぁ( ´‐`)気合ばっかじゃいけませんな。土台もしっかり作ってやんないと。


Bloomsday翌日のキャンパスでは、Bloomsdayで手に入れたTシャツを着てくる人よく見かける。
まるでかけっこで一等になった子供が誇らしげに一等リボンをつけているように、皆表情は明るく達成感のある顔をしているように見える。私は着ていかないけど、そんな人を見かけると親しみを覚える。困難を一緒に乗り越えた後に芽生える仲間意識みたいな(*^-^)


その日の授業が終わってクラスメイトと課題の話をしていると、仕事を終えて帰宅する教授が通りかかった。その教授から一つクラスをとったことがあって、授業の内容自体や授業スタイルからたくさん学び、自分の職業と専門分野に臨む姿勢や熱意が私にもしっかりと伝わってきたのはまだ記憶に新しい。

洋服もいつもオシャレできちんしており上品な感じ。自分の好きな服を自分に似合うようにしている風でそれがまた魅力的。そんな教授も昨日は皆と同じようにBloomsdayのTシャツを着ていましたヽ(゚◇゚ )ノ失礼かもしれないけど、お年を召した方だと思うのですが12kmを完走(歩)ですか!(゚◇゚ )
前々から精力的に活動していらっしゃるとは思っていたけど、さらに驚かされ、なんだか元気をいただきました。笑顔をかわしたのも久しぶりで嬉しかったけど、それプラス励まされ、意欲が心の奥からじーんと広がっていく感じがした。お手本にしたいなと思う憧れの人物の一人です。
実行はまだしてないけど、オフィスにちょこっと寄って話をしたいなという気持ちもまだあるし、というか増したし、今学期こそは時間を作って是非遊びにいきたいものです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


今夜の授業はリーダーシップのクラス。
私のグループがプレゼンする日で、毎週あるクイズの勉強はささっと切り上げ、授業までの時間、自分のパートの練習をしていた。もうプレゼンが苦手で不得意で、人前に立つと緊張して自分が何をしゃべっているのかもわからなくなる。多分他の人より練習して平均ぐらいになれるくらいかなぁ。
だから、たった1、2度通して練習しただけで本番に臨んだものなら、もうそれは目も当てられないほど( ´‐`)
自分を客観的に見てもかなり恥ずかしい。

授業が始まり、教授は開口一番に私に対するジョークをかまし、若干びびる自分(@□@;)
クイズをさっさと終わらせ、頭の隅でプレゼンのことを考えながら今日は短い15分の講義を受けた。そしてあっという間にプレゼンの時間になり、緊張しながらもほぼ練習通りに無事終了。


授業後に自分のグループが招集され、どきどき教授からの評価を待った。

結果発表

「全体的にすごく良かったよ」


個人的には、

「そんな隅っこで話すんじゃなくて、もう少しクラスの中心に立って話した方がいいね。
ただ、クラス全体に満遍なくアイコンタクトができていて、それはすごく良かったよ。」


あぁ、それはどうも。で、それで???


と、もっと細かいコメントを期待していたけど、他は特になかったみたい。
グループでたった6分ちょいぐらいのプレゼンで、しかもプレゼンに要求されていたのは、与えられたみじかーーーい記事のレポートだけだったのでそれほどつっこみどころがなかったのもしょうがないかな。
ちょっと物足りないけど、悪くなかったみたいだし、練習通りにできたし、クラスの皆もちゃんと聞いててくれて、笑みや笑いも少しとれたし、全体的にマルです。

ただ、まだ花マルではないし、もちろんもっともっと練習は必要。

不器用ながらも今まで勉強してきて実感しているのは、準備や練習は自信の裏付けになるということ。
自分の不得意分野でも、事前に準備して練習して事に臨めば、不安や緊張は必ず減らせる。
準備と練習のおかげで、本番は開き直れるし、完全に頭が真っ白になることもない。

そういえば小さい頃から、やったことはできるやつだった。だから自信がない自分でも、どうやったら少しでも自信が持てるか、どこに自信を見出すべきかわかっているから、苦手なこともある程度やっていける。


ある人が、仕事は段取り八割…とか何とか言っていたけど、これは今回のケースでも自分に当てはまる。
というより、自分にも希望があると救われ励まされた。自分にもできることはあるんだと。
仕事で自分の理想を求める時、才能がないといくらがんばってもだめなのかなというぼんやりとした考えはほぼなくなった。

きっと一流企業のトップを目指すならきっと特別に秀でた才能は必要だと思う。
でもそれは自分の希望でも理想でもない。
私にとって大切なのは自分に出来ることを探して力を入れること、自分の特性と可能性を知り、理想の姿のそれとをどうマッチさせるか、共通点を見出せるかだと思う。

あ( ・д・)大雑把に考えてるけど、まぁいいや。
少ない自分の経験において言えば、信じてやってみると、意外とできてしまったりするもの。
自分にできそうもないなんてはなから決め付けないで、取り掛かってやってみるといい。思うだけじゃなくて、実際に行動に移すことが大事。そうすると、具体的に物事が見えてくるし進んでいく。

チャレンジしないのはもったいない。チャレンジしないでの後悔って、見たくないものを見て見ないふりするような、
後ろめたい気分になって、一種の罪悪感のような―自己嫌悪に到ってしまう。

よく自分は、「忙しい」と言い訳したくなることがあるけど、しないように気をつけている。何かと時間は作れるものだし、今は考えを行動に移していきたいです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Tシャツとプレゼン Love your life. - Thoreau/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる