Love your life. - Thoreau

アクセスカウンタ

zoom RSS プチ幸せへのヒント

<<   作成日時 : 2008/04/29 18:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お腹がすいたー(>ロ<)

ただ今、1 a.m.

風邪で落とした2kgをがんばって維持しようともがいていても、食欲が戻ると同時に1kg取り戻し、せめて残りの1kgを死守しようと、夜食は我慢我慢の今日この頃。お茶やコーヒーで空腹を紛らわしております。

運動不足も解消したいな。早く引越ししたいぜっ(´Д`) =3予定では公園の近くに住むことになるので、公園でウォーキングができるようになるはず。これから気温も上がり、天気のいい日が増えてくるので、散歩するには気持ちい季節
今のところは、怠けていた10分の朝ヨガも復活させ、気持ちのいい朝を迎えています


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今日は授業が終わってから近くのスタバで勉強していて、ふとしたことから私の心のししょーが話してくれたことを思い出したのでざっくり書いてみようかと。

そのししょーは前向きになるヒントをたくさん気付かせてくれた方。
そのたくさんのヒントの一つに、「他人は自分の鏡」というものがあって、それには私も大きくうなずいた。曰く、相手の表情は鏡のように自分の表情を映しているということ。相手が眉間にしわをよせれば、気付かなくとも自分も眉間にしわをよせていた、などなど。

よく勉強しに行くスタバは、トイレを使用する際は毎回、店員さんにトイレの鍵を貸してもらわなければいけない。今日、トイレに席を立ってスタバスタッフに鍵をもらいにいくと、おそらく新米さんであろう人が対応してくれた。その人は仕事にまだ慣れてないせいか、疲れた顔でなんだか無表情。そこで、鍵をもらうときにアイコンタクトをして、笑顔でありがとう^^と言うと、その人にも笑顔が見られた。


なんか、どうってことない、かもだけど、私は結構こういうのに救われていると思う。
自分があんまり気分が良くない時でも、笑顔で人とコンタクトをすれば、笑顔が返ってくる。
そのもらった笑顔で冴えない気分も少し良くなる、又は、相手の不機嫌そうな表情を笑顔に変えられた一種の喜びを味わえる。これ結構好き

どんなに落ち込んでいたとしても、笑顔でいようとすれば、少し気が楽になるもの。カラ元気でも出してみると、案外少しずつ前向きになっていったり。人間(てか、私)て単純ヾ(´▽`)

もし相手の表情に何かひっかかるものがあったら、自分の心に聞いてみるといいかも ― 「何かお困り?」

私は眉間にしわが寄りがちで、よく相手の表情から自分の表情に気付くことが多く、気付いた瞬間から直すように気をつけています。常に笑顔でいろっていうのは難しいけど、その時の状況にふさわしい感情表現ができたらなと思う。例えば、相手が話しやすい環境づくりとか、思いやりのある気遣いとか。

第一印象が悪い私なので、人と接する時は自分なりに気をつけるようになった。普通にしている時、「冷たそう」とか怒ってないのに「怒ってんの?」とか、とにかく、ぶすーっとしているらしい(;ロ;)
相手に不快感を与えないためにも、表情には日頃から気をつけていたいです単純に考えて、笑顔が笑顔を呼ぶなら、連鎖してみーんな笑顔になれるではありませんか(゜ロ゜)ま、そんなうまくいかないにしても、笑顔にはお得感を覚えるのです。笑顔もらったり、あげたり。これ結構幸せ感じるわ、アタイ



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

最近暖かいので、先週までつぼみの多かった桜っぽい木が今日にはもう葉桜になっていた。8分咲きまで写真はお預けしていたのが間違いだった(´‐`;)つぼみがたくさんの頃の方がつぼみの色と開いた花の色のバランスが良かったよ。自分の好みに過ぎないのだけれど。

花には関係ないもんね。木はただ花を咲かせて、青葉を萌やし、赤茶黄にお色直しし、寒い日には衣も捨てて、また新しいつぼみをつける。ただただ木でいる。


ただ いのちいっぱいに
自分の花を咲かせるだけ
自分の花を―

<略>

人間のように
<のに>なんてぐちは
ひとつも 言わない
だから 純粋で
美しいんです。

「にんげんだもの」 相田みつを



ふと、思い出した。

そろそろ休憩していたことも再開時。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プチ幸せへのヒント Love your life. - Thoreau/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる