Love your life. - Thoreau

アクセスカウンタ

zoom RSS 年越

<<   作成日時 : 2007/01/01 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新年ということで富士山!日本からCheneyに帰るときに見えた景色。

画像





年越はシアトルで!ということで、大晦日にCheneyを出発、シアトルへ!

シアトルへ着き、夜ご飯まで買い物タイム。
といっても、買いたいものもお金もないので、友達と途中で別れ、海を見にPike Place Marketの方へ下っていくことに。6時頃だったので店じまいしている所が多い中、スタバ第一号店はやはり人でごった返してました。シアトルに行くとなぜかスタバに入りたくない病になり今回も街中どこにでもあるスタバを拒絶して違う所でコーヒーを買い、海が見えるベンチに座ってぼーっとしてしばらく過ごした。

待ち合わせ時間に間に合うように帰って、予約した日本食のお店で忘年会。
初めてあん肝に挑戦。


おいしい(@ ̄Д ̄@)


酒のつまみがまた増えました♪


飲んだ後は、スペースニードルの花火を見に車を走らせあっちこっちで渋滞に巻き込まれる。
なんとか無理やり車をとめ、新しい年を迎えるカウントダウンが始まった。



カウントがゼロになったとき、

画像



スペースニードルから花火が

10分弱ほど花火が続く中、友達と"Happy new year"でハグし、遠方から電話があったり、New Yorkに旅行に行った友達から電話もあって、皆で新年を迎えました(*^∇^*)


2007年、みんなが幸せでありますように。




シアトルに行く前、
日本ではもうすでに2007年。

日本の新年が訪れ30分ほど経ってから、実家に挨拶するため電話した。
両親におめでとうの挨拶をして、電話越しにうちの愛犬の鳴き声も聞こえ、一安心して、シアトルの準備を始め、シャワーを浴びた後に、携帯をチェックすると実家からだろうと思われるmissed callの文字。

何かと思ってかけなおすと、さっきまで吠えてた愛犬が息をひきとったという知らせだった。
年始の挨拶の電話の後30分しないうちに、亡くなったと聞かされた。

ここ数ヶ月、体調が優れず、日本に帰っている間、家にいる時は毎日病院に点滴を打ちに連れて行って、寝ずに世話をすることもあった。息をするのがとても苦しそうで、ご飯も水も自力で食べれず、立ち上がるには助けが必要だったし、極度の貧血で立ち上がってもすぐ倒れ、常に何かを訴えて吠え続けていた。何がしたいのかわからず、何をやっても鳴き止まないときは、見ているほうもつらかった。助けたいけど、何も力になれなくて悔しい思いもした。


悲しいけど、愛犬が長い苦しみから解放されたから、これでよかったんだと思う。
最後までがんばって生きたと思う。やっとゆっくり休める。


20歳になるまであと2ヶ月だったから、ほとんど20年だな。
お母さんに今まで世話してくれたこと、お礼を言ったら涙が出てきた。

一番古い記憶、今からずーっとさかのぼって、ペットショップから家に帰るときの車内からのことをいろいろ思い出して亡き愛犬を偲びました。

実際、その瞬間に立ち会うことはできなかったから、まだ実感はわかないけど、それでも寂しいことには変わりない。シアトルにいる時、お酒のせいもあって、ちょっとしたことから感情のコントロールができなくなってつい泣いてしまった。迷惑かけた人すいません。


お母さんと飼い主のお姉ちゃんが心配だけど、これは皆乗り越えなきゃいけない壁だから、時間をかけて消化していくしかない。

みんな大好きだったなぁ、あの子。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年越 Love your life. - Thoreau/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる